乗馬のダイエット効果

初心者の方へ

乗馬はオリンピック競技にもなっているスポーツです。
馬と触れ合い癒されながら、無理なく、楽しく体を動かせます。
乗馬の有酸素運動効果+アニマルセラピーは
ダイエットやストレス・運動不足解消に大変注目されています。

乗馬は全身を使う有酸素運動

乗馬未経験の方は意外に思われる方も多いのですが、乗馬はただ馬の背中にまたがっているのではありません。
確かに歩いたり、走ったりするのは馬ですが、それに乗る人間は馬の上下の振動を受け流すため、バランスを取り姿勢を保つために全身の筋肉を使います。
ジョギングやエアロビクス、サイクリングなどと同じく有酸素運動に分類され、それらの運動よりも消費カロリーが多いのです。

運動の種類 消費カロリー(10分)
乗馬 46kcal
エアロビクス 42kcal
エアロバイク 35kcal
ウォーキング 40kcal
ゴルフ 34kcal

インナーマッスルを鍛える

馬の背を挟み込んで体を安定させるために、特に内ももと腰回りのインナーマッスルが刺激を受けるので、難しい下半身のダイエットに効果的です。インナーマッスルへのアプローチは、代謝を上げ、太りにくい体を作る効果があります。
また、乗馬では安定した姿勢を保つため、鞍の上に座骨を立てて腹筋に力を入れる必要があります。こうすると自然に背筋が伸びて胸が開き、美しい姿勢になります。
ダイエットだけではなく、猫背などの姿勢の矯正にも効果的なのです。

そして何より楽しく続けられます!

馬は、犬やイルカと同じくアニマルセラピーに選ばれている動物です。そして乗馬は、世界最古のアニマルセラピーと言われています。日頃のストレスを、開かれた環境の中で動物と触れあうことで解消することで癒しとなります。
また、同じ有酸素運動でも、40分ジョギングをするとなると「キツい…」と思われる方がほとんどで、中々継続できないものです。対して、乗馬での40分は楽しく、心がリラックスできて、あっという間に感じる事でしょう。「また乗りたい」、「もっとうまくなりたい」という気持ちが自然と生まれ、継続が全く苦ではないのです。
乗馬は、ダイエット、日頃の運動不足・ストレスの解消にとても優れたスポーツなのです。

ぺージ先頭へ